ファスティングダイエット 回復食期間

ファスティングダイエットの回復食期間について

ファスティングダイエットがとても人気でダイエットの定番になっているため、試したことがある人がとても多いと思いますし、もうやり方を知っているという人のほうが多いと思います。

ファスティングダイエットをする時に重要なポイントは、回復食期間です。 回復食期間をしっかりしないとすぐにリバウンドしてしまい、せっかく短期間で体重を減らしたのに台無しになってしまうのです。 回復食期間は、ファスティングダイエットが終わって、普段の食事に戻すまでの期間のことをいます。

ファスティングダイエットで失敗してしまった人の多くは、回復食期間を怠ってしまった人です。

回復食時期がどうして大切なのかを見ていきましょう。
1つ目は、リバウンドをしないためです。
ファスティングダイエットは、酵素ドリンクと水のみで過ごしているので、終了後は体が栄養を欲しがっています。そのため普段の食生活に戻してしまうと、普段以上に養分をたくさん吸収してしまうので、リバウンドしたり、元の体重よりも太ってしまったなんてことになるので、回復食期間はしっかり行ってください。

2つ目は、休ませていた消化器官に負担を与えないためです。
ファスティングダイエット中は、消化器官を休ませていたので、いきなり普段の食生活に戻してしまうと、消化器官に過度の負担を与えてしまうことになりますので注意してください。

リバウンドをしないためには、回復食でいきなり固形物を食べないことです。 初めは消化しやすい流動食から食べ始めて、徐々に柔らかい物を食べていくように進めて行かなくてはいけません。このように進めていき、消化器官を徐々に活発にさせていくことが大切なのです。

そして回復食期間に入ったら、濃い味付けの物を避け、薄味の物から始めることが大切です。

先ほども言ったように、いきなり濃い味付けの物を食べてしまうと、消化器官と同じように味覚もビックリしてしまうので、薄味にしてあげることがポイントになります。

回復食で避けた方がいい食べ物もいくつか紹介しておきます。
・動物性のタンパク質(肉・魚・乳製品・卵などです)
・パンなどの小麦製品
・揚げ物などの油分を多く含んでいる物
・コーヒーなどカフェインを含んでいる物
・バナナなどの糖質の多い果物
・クッキーなどの砂糖を使っているお菓子


これらは回復食期間中は、避けた方が良いでしょう。 紹介したものは、どれも美味しいですし食べたくなってしまうと思いますが、回復食期間には適していませんので、食べたくても我慢しなくてはいけません。

そして回復食期間が終わっても、すぐに食べてしまうのではなく、栄養バランスを見ながら少しずつ食べるようにしたほうが良いでしょう。

そして回復食期間中に、回復食だからと言って満腹まで食べるというのは絶対にしてはいけません。 回復食であっても多く食べてしまうことで、消化器官に多くの負担を与えてしまう可能性が高いので、腹八分目を意識して食べることが大切です。

断食中は、食べたい物を我慢して酵素ドリンクと水のみで自分の決めた日数過ごさなくてはいけません。 食べ物を何も口にすることが出来ないので、辛く感じてしまう人が多くいると思います。そしてファスティングダイエットが終了して、体重を減らすことが出来たことに喜びを感じると思いますが、それで満足してしまい、回復食期間を怠ってしまってリバウンドしてしまっては、自分が頑張って、我慢してファスティングダイエットをした意味がなくなってしまうのです。

そうならないためには、回復食期間をいかにどう進めていくのかが重要なポイントなので、食べたい物を食べるのではなく、もう少し我慢して回復食期間を進めていき、リバウンドをしないようにしてみてください。

もしも回復食期間と飲み会の日が重なってしまった場合は、アルコールやカフェインを避け、消化の良い物を食べるようにして、乗り切るようにしてください。

一杯くらいなら大丈夫だと思ってしまうと、後悔してしまうようなことになるので、ファスティングダイエットをした以上意思を強く持つ必要があります。

またいきなり入った飲み会なら仕方ありませんが、前もってわかっている飲み会であるのであれば、ファスティングダイエットをする日をしっかり考えてから始めた方が良いでしょう。

辛いファスティングを頑張って乗り越えたのに、手を抜いてしまっては頑張りが無駄になってしまうので、そうならないために最後まで頑張ってみてください。

回復食期間が終われば、少しずつではありますが、普段の食事をすることが出来るようになっていくので、それまでは本当に大切な時期でもあるので、乗り越えてください。

ファスティングダイエットを頑張って出来たあなたなら、回復食期間も乗り越えることが出来るはずですので、あともう少し頑張ってみましょう。 そして多くの人がファスティングダイエットを成功させてほしいと思います。

↑ PAGE TOP